やりがいのある看護師の仕事

一見優しくて穏やかそうな看護師も、実際の現場では、休む暇もない過酷な労働を強いられています。
その過酷さは職場や看護師自身の感じ方で大きく変わってくるので一概に言うことはできませんが、特に夜勤などもある看護師になると、生活のリズムまでが狂ってくるので、ホルモンのバランスや精神状態も乱れがちです。
うつ病などにかかって心療内科を受信する看護師も多いと聞きます。
ちょっとしたミスが、患者さんの命に関わってしまうこともあるため、ミスも許されない繊細な仕事です。
そんな中で働いている看護師はいったい何に魅力ややりがいを感じているのでしょうか。
看護師としての魅力ややりがいの中で多いのは、自分が担当した患者さんが元気になっていくのを見ることです。
中にはそれも叶わず、命を落としてしまう患者さんもいます。
看護師にとってそれほど悲しいことはないといいます。
特につらいのは、患者さんが亡くなったとしてもないてはいられないこと。
なくなったらなくなったなりの処置を行なう必要があるため、悲しくても泣いてばかりはいられないのです。
そんな中で着々と元気になっていく患者さんを診るのは、何よりの仕事の支えになるようです。
次に多いのが人間関係を上手に築けたときです。
看護師の仕事は医師と患者さんの橋渡し的な役割をするときがあります。
また、看護師同士がうまく連携して患者さんに接しないといけません。
ですから、医師や患者さん、看護師同士と常に信頼関係を築く必要があります。
この信頼関係が築けると、コミュニケーションも深まり、スムーズに看護もできるようになります。
仕事をしている中でなかなかやりがいが見出せず、もがいている人も多いと思います。
時には自分の仕事を客観的に評価して、自分の成長を見付けることも看護師としてのやりがいということができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です